CAFE→11:30~24:00

(L.O 23:00 dinner 21:00)

Thursday 11:30~21:00

(L.O 20:00)

LUNCH TIME 11:30~15:00

 

BEANS SHOP→10:00~18:00

 

CLOSE→Wednesday

CAFE THE GROVEの新型コロナウィルスに対する取り組み

新型コロナウィルス感染拡大に伴う、当店の取り組みと、お客様へのお願いがあります。

取り組み

・出入り口に消毒用のアルコールを設置します。       (入店時にご利用ください)

・お客様の入れ替え時のテーブル、椅子の消毒をします。

・定期的な換気を行います。                (少し寒い時があるかもしれません)

・定期的なドアノブなどの消毒を行います。

 

 

 

お願い

・風邪の症状などがある方のご利用はご遠慮ください。

・長時間のご利用はご遠慮ください(最大時間などは設けませんが、感染拡大防止のためとご理解ください)

・食事以外の時はなるべくマスク着用でお願いします。(マスクが不足しております、お持ちの方だけで結構です)

・大人数でのご利用はご遠慮ください。

この様なお願いをすることは、非常に心苦しいのですが、感染拡大防止のためとご理解ください。

 

また、CAFE THE GROVEでは、テイクアウトもしております。ドリンク、軽食などご用意しております。事前にお電話いただければ、お渡しがスムーズになります。

大変な時期ですが、自家焙煎珈琲店として何が出来るのか?コーヒーにはポリフェノールが含まれています。摂取することで免疫力を高める効果があります。一日数杯飲んで、リラックス、免疫力効果を得て、頑張ってこの難局を乗り切り、収束した後にみんなで制限なく楽しめる日が来ることを祈っています。

当面の間、ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

 

ホンジュラス エル・プラン農園のコーヒー

 

ホンジュラス、エル・プラン農園のコーヒーを入荷しました。

エル・プラン農園は1930年に開拓され、一家代々コーヒーの生産が引き継がれてきました。2008年にはホンジュラスCOE(カップ オブ エクセレンス)で優勝した、ホンジュラスのスペシャルティコーヒーを代表する農園です。

農園はサンタバルバラ国立公園の北側の麓にあり、特徴的な日照条件・微気候の下コーヒーが栽培されています。山の北側に位置する事からも、収穫は2月に始まり6月までかかると言います。この5か月間に8回の収穫を行うという長丁場の収穫は、中米の最標高のエリアでも1月~4月という中米のシーズンにおいて、特異な微気候だと感じて頂けるのではないでしょうか。乾燥はビニールハウスを使用し、3段のアフリカンベッドによるスロードライタイプ。ここで半月かけて乾燥が完了します。今期はこれに加えて、より大きなビニールハウスを増設し、ウェットミルも造り替えたそうです。新設のビニールハウスでは、上部に溜まる熱や湿気のこもりを改善し、船積み後も長期間にわたって品質の劣化が無いように工夫をしています。

パライネマという品種は、同国のパライソ県で発生した線虫(ネマトード)による根の被害に耐性の強い品種として生まれた、サルチモールの系統選抜品種になります。

香味の特徴は、スパイシーでジューシー。爽やかで透明感のある印象です。仄かにオレンジ(色の濃い甘みの強いタイプ)やシナモンの香りに、まろやかな口当たり。綺麗な酸味と甘さが口の中に広がります。

信州コーヒーロースターズギルドのギルド豆企画です。数量限定でのスポット販売となります。気になる方はお早めに!

 

エチオピア カヨカミノ農園のコーヒー

 

 

 

 

 

 

 

エチオピア シェカ カヨカミノ農園のコーヒー豆を販売開始しました。

カヨカミノ農園は、Moplaco社のエレアナ女史が、2018年よりシェカで始めた非常に新しい農園です。

農園は標高1900-2100mの150Haの広大な森の中にコーヒーの木を植え育てられる、いわゆるフォレストコーヒーです。

近年はエチオピアにおいても徐々に温暖化による気候変動が確認されており、コーヒー生産が可能な土地の標高が徐々に上がり始めていると言います。また、牛や羊を飼うために牧草地化も進み、森林伐採による動植物の生態にも変化が出始めています。エレアナさんは、こうした環境問題に警鐘を鳴らし、森を守り、その大切さを地域の人々に伝えるべく、ガンベラ指定自然保護公園の周辺で自然環境の保存状態の良いシェカの地を選びました。

今回提供する2018/19cropはカヨカミノ農園としてのバージンクロップとなります。この地域では乾期でも雨が降ることがあり、天候に左右されることなく適正に乾燥工程を進めるために、天日干しのアフリカンベッドと屋根付きのアフリカンベッドを使い収穫されたチェリーはケアされています。

そのようにして作られたコーヒーは、完熟したミカンのような風味にまろやかな酸味があり、仄かにアプリコットやベリーの香りもして、味や香りの層が厚い印象を持ちます。イルガチャフィーやシダモほど強烈なキャラクターは無いものの、とても複雑でエキゾチックな良質なエチオピアコーヒーです。

今回信州コーヒーロースターズギルドのギルド豆としてのスポット入荷となります。

この機会にCAFE THE GROVEの自家焙煎珈琲豆をお楽しみください。

 

 

CAFEROIDで焙煎体験

焙煎体験イベントのお知らせ

8月6日 火曜日 CAFE THE GROVEにて、

ギルド豆vo.15グアテマラ オリエンテのリリースイベントを

開催します。

今回は日本電熱さんの全面協力により、

全自動焙煎機CAFEROIDを使って焙煎体験ができます。

全自動でも、任意の数値を入力してオリジナルの焙煎も

できます。

初心者でも、経験者でも楽しめるイベントになると思います。当日はCAFEROIDが複数台設置される予定です。

普段何気なく飲んでいるコーヒーが、どのように焙煎されているのか知っていただける、良い機会になればと思います。

一緒にコーヒーを楽しみましょう。 要予約です。

日時:8月6日 火曜日 19時30分~

場所:CAFE THE GROVE 松本市岡田松岡191

TEL:0263-46-7203

参加費:1000円

お申込み:電話、メールにて cafe-the-grove@nifty.com

なお、複数人でご参加される場合は、それぞれのお名前をご記入ください。